上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は自分みたいな人が「どうして小説を書いているのか何か伝えられることがあるのか」とよく考えます。寝る前にも、歩きながら考えてるともういいんじゃないかって思ったりもします。
だけどやっぱり自分みたいな人間がこの街にも、国のどっかに居て同じような苦しみを持っているんじゃないか、これからそうなるんじゃないかって考えたりすると、どんな状況でも出来る限りやらないといけないなんて不思議と思ったりします。
同じような失敗をする人はそんなに居なくていいと思います。
同じようにしかできないならそれこそここまで来るはずですから、次の道もあるよと言えたらいいですね
例え関わりがない、自分より幼い人達も大人の人達にも、幸せな笑顔を見せて欲しいと思うでしょ?
そんなことないんですかね?どうなんでしょうか?
人のことは良くわかりませんが
私は意外に大事なことだと思うんです。
小野ヨーコさんが本で自分のために憎い相手のために祈ってみてくださいとそんなことを書かれてました。
難しいですね。

 あまんちゅの二巻が出てるのに気がついて読んでたんですけど。あまりに恥ずかしすぎて読むのに苦労しました。
これは、きっと、もう少し年齢の低い人に向けて書いたものだと思いますが。私は彼女(?:女性の方ですよね)の考え方が好きなのであったら買うしかないんですよね。その人の人柄が好きだから私なりに応援するわけです。
(お金はないですけど応援してることにはかわりないですよね?
でも正直これはちょっと読むと恥ずかしさを感じます。
その変の女性漫画よりもさらに羞恥心を抉ってきます。
コークスクリューです。
それが快感!

Mではないので冗談ですが
なんとかそれでも読み終わって最後を見ると、初版でなくて第二版となっててちょっとショックを受けました。応援してる人が売れてるのはいいことですけど、なんとなく出遅れたことにささやかな絶望感があります。

東京は春の雪らしいですね。

交通機関が麻痺するのは足をとめてもっと周りの景色をゆっくり眺めてみてはと、誰かがそう言ったのかもしれません。大きな事故がなければいいんですけど。

最近不規則な生活ですが、発作もあれからでてなくて一安心、やっぱり音を気にしないで良くなったのと、親に話せたのが大きいですね。

私は回復を待ちながら、もう少ししっかりできるようにまた一からやり直しですね。

少し喋りすぎかな
日常であまり喋れなくなった代わりに、時々あまり考えず思いを喋りたくなります。

一日一歩三日で散歩三歩歩いて冬眠中
ここも結構寒くて、こたつがまだ必要です。

炬燵を開発した人はとても素晴らしいと思う今日この頃。
でも庵とかも情緒あって捨てがたいですよね

一年に一回くりかえされる出来事って一番ほっとするのかもしれません。
桜の咲かない春なんてあったらみんなしょんぼりでしょう?

それではお休みなさい
良い夢を
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://twinspica.blog59.fc2.com/tb.php/730-a6d93ac2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。