上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
二人に
信実を告げた後、薬を渡し
お互いが話しをして決めてもらうことにしました
二人はまるで人事のように
楽しそうにじゃれあっていました。
日が暮れ温かいスープの匂いが村中から香り始めると
そのうちに男の子の瞼がとろりと落ちて
女の子にまた遊ぼうねねと見送られながら長い眠りにつきました


時雨沢恵一さんの
お茶が運ばれてくるまでにを読んで
その間の空白を埋めて見たものです

とても素敵な短編詩集でした
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://twinspica.blog59.fc2.com/tb.php/709-6eb1965e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。