上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どこを向いてみても
青空は見当たらない
どこを向いてみても
うなじが見える
どこかを向くとしたら
瞼の内側だろう
私にないことを知らない
全てが言葉にない
透明の流し方を
しなくなった十字架の家
わかるはずもない
誰も箱の中身を知らない
柔和なピエロは豆腐をつくる
十分火は涼しく休んで
箸をとめもう口は平行線を沈んで
瞼の内側を見て
これからは明日
柔和なピエロは豆腐をつくる
立派な君らの幸運を
青空の内側に
どこか向いてみる
箸をとめて
平行線に浮かんだわっかは
昔そこにあったのかい?
透明の流し方をしなくなった
十字架の家
煌びやかなチャペルは
うなじの先で
キャンドルはそこで
若き日は偶像
わかるはずもない
わかるはずもない
豆腐の中がはたして豆腐であるのか
君らは答えない
柔和なピエロも
また直ぐに瞼の内側に消して
十分火は涼しく休んで
休んで
休んで
一つ息を吐けば
キャンドルはそこで
若き日の偶像
これからは明日
平行線へ沈んで
瞼の内側へ
沈んで
どこを向いたら
休める
青空?

  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://twinspica.blog59.fc2.com/tb.php/653-3c0bca63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。